twitterはてな
サイトデザインちょこちょこいじってます。


天使も敵わない笑顔、女神のような美体、慈愛に溢れる声…
それはまさに楽園の愛

SSDの激安化が止まらない
 速さこそパワー

ごめんなさいで済んだらねぇ!
NTRは成立しないんだよぉ!!!

三次元のグラビアは好きではない?
そんなあなたに二次元のフィギュ@

KRISS VECTORはあなたの男の自信と支配欲を満たします
ひとつ気をつけるとすれば、テクニックが時には必要になる事
漢字Tシャツシリーズ
風立ちぬを見てきた
PPSSPP使い方
BABYMETAL

  • 情報屋さん。 おかげさまで4億ヒット。ネットに転がる色々な情報紹介します
    AnyTrans for iOS



    100年前にドイツで製作された、自動演奏マシンがすごい。ロールペーパーを交換し様々な曲を演奏


    100年前につくられた自動演奏マシン


    美しい音色と複雑な仕掛けが見る者を驚かせる、100年以上前にドイツで製作された「“フープフェルト・フォノリスト・ヴィオリーナ(Hupfeld Phonoliszt-Violina)」という楽器演奏マシンの動画を紹介。ピアノの上にバイオリン3丁が搭載され、ロールペーパーを交換することで様々な楽曲を演奏。ブリュッセル万国博覧会に展示されていたのを、オランダの職人が復元させたものです。
    旅行のことならトリバゴ! 夏休みの予定はもう決まった?
    パートナーエージェント



    amazon Amazon's Choice

    おすすめの記事一覧

    Comment (7)
    Pocket



    ハイローオーストラリア

    7件のコメント

    1. 音色が凄くきれい、こんな音が出るのか

      Posted by 安田 隆 at 2019/01/16 15:19 返信

    2. 六甲のオルゴール館にこんなのあったよ

      Posted by 匿名 at 2019/01/16 16:40 返信

    3. 石坂浩二が持ってそう

      Posted by 匿名 at 2019/01/16 17:23 返信

    4. これは良い
      100年後の人も楽しめそう

      Posted by 匿名 at 2019/01/16 18:29 返信

    5. ロールペーパーすげー

      Posted by 匿名 at 2019/01/16 19:16 返信

    6. これ4本の弦操ってるならすごわざだけど
      実際は1本なんだよね

      Posted by 匿名 at 2019/01/17 02:16 返信

    7. ギャラリーフェイクでこんなのあった気がする

      Posted by 匿名 at 2019/01/22 11:10 返信

    コメントを残す



    集計パーツ