twitterはてな
サイトデザインちょこちょこいじってます。


衝撃のランジェリーカットから読み物まで、
乃木坂46の白石麻衣の集大成となるメモリアルマガジン

SSDの激安化が止まらない
 速さこそパワー

大人気2.5次元モデル・あまつ様のフェチグラビア豪華ベスト版

三次元のグラビアは好きではない?
そんなあなたに二次元のフィギュ@

KRISS VECTORはあなたの男の自信と支配欲を満たします
ひとつ気をつけるとすれば、テクニックが時には必要になる事
漢字Tシャツシリーズ
風立ちぬを見てきた
PPSSPP使い方
BABYMETAL

  • 情報屋さん。 おかげさまで4億ヒット。ネットに転がる色々な情報紹介します
    Leawo Blu-rayコピー



    【鳥】時折スリップストリームを使いながら、車より速い速度で飛ぶ鳥

    車より速く飛ぶ鳥


    スリップストリームバード” ということで海外フォーラムで話題になっていた鳥動画。鳥の飛行能力ってすごいなと驚かされる動画。車がビュンビュン走る高速道路を、ものすごい勢いで飛んでいます。


    amazon
    弱虫ペダル(46): 少年チャンピオン・コミックス

    おすすめの記事一覧

    Comment (28)
    Pocket



    28件のコメント

    1. 明らかに意識して道路を飛んでいるようだ
      でもかなり命懸け…撮影者(車)も注意散漫w

      Posted by . at 2016/09/06 14:27 返信

    2. 鳥の中にも暴走族がいるのか
      上空で風に乗った方が速い気がするが

      Posted by 匿名 at 2016/09/06 14:32 返信

    3. 言うほどスリップストリームしてるように見えないけど
      でもF1のスリップの動画みたけど前の車に吸い寄せられるんでしょ

      Posted by 匿名 at 2016/09/06 14:59 返信

    4. 常にハトにピントが合ってるけど、どうやって撮影してるんや?

      Posted by 匿名 at 2016/09/06 15:23 返信

    5. ルーフレールとかに掴まれば楽なのに

      Posted by 匿名 at 2016/09/06 15:56 返信

    6. 鳩かね?
      鳥の筋力凄い!
      人間の疲労解消のタンパクが鳥の筋肉から見つかったそうだけど、
      わかる。

      Posted by 単車ドンクサイ at 2016/09/06 16:12 返信

    7. 渡り鳥でもないのにこんな直線的に長い距離移動するもんなのか

      Posted by 匿名 at 2016/09/06 16:21 返信

    8. スピードも凄いが、スタミナもすごいな
      めっちゃ羽ばたいてるのに

      Posted by 匿名 at 2016/09/06 16:22 返信

    9. スリップストリームってなに?

      Posted by 匿名 at 2016/09/06 16:35 返信

    10. コメ9
      トラックとかの後ろにぴったりつくと風の抵抗がないからはやくなるっていうレース用語みたいだよ

      Posted by 匿名 at 2016/09/06 18:09 返信

    11. ※9
      簡単(気圧とか渦の話抜き)に言えば前の物体を風除けにして空気抵抗を減らすことで少ない力で速く走る(飛ぶ)って感じ。
      走行中の車の窓から手を出すとすごい風を感じる(空気抵抗)けど車内にいるとガラスで風を感じないのと近いかな。

      Posted by 匿名 at 2016/09/06 18:10 返信

    12. >9
      「サーキットの狼」を読もう。

      Posted by 匿名 at 2016/09/06 18:11 返信

    13. この動画はとても面白いが、気流の乱れで鳥が車に吸い寄せられているだけのような気もする…。

      ちなみにスリップストリームに関しては前方の車も多少の恩恵を得るらしいです。NASCARとか。つまりミニ四駆の漫画で1列になって走るのは正しかった!
      (※なお1/32サイズの自動車模型には空気抵抗あまり関係ないともいわれています。

      Posted by 匿名 at 2016/09/06 18:19 返信

    14. ジョナサンなんだろ

      Posted by 匿名 at 2016/09/06 18:21 返信

    15. この「鳩のジョナサン」が使っているのはスリップストリームっつうより翼端渦流系なんじゃね?
      トラックの真後という絶好の位置をアッサリ捨てて、前に進んで行く方を選んでいるし。
      また、撮影車の前を長々先行している時は、撮影車が走る事で押し上げられる空気に乗って、ちょうどサーフィンみたいに「下る事で前進」しているようにも見える。

      Posted by 匿名 at 2016/09/06 18:34 返信

    16. 渡り鳥かと思ったら普通の鳩!?
      とんでもない体力だな

      Posted by 匿名 at 2016/09/06 18:36 返信

    17. 渡り鳥がどうとか言ってるやつ
      渡り鳥が長距離を飛ぶならこんな地面に近いところも
      こんな全力で羽ばたくこともしないだろ

      Posted by 匿名 at 2016/09/06 20:38 返信

    18. 鳩は100キロ以上で飛べるし追い風なら140位出るから100キロ位で走ってる車が邪魔だから追い抜いてるんだね。
      低く飛ぶのは外敵に見付からない様に低く飛ぶ。
      鳩小屋に真っ直ぐ飛ぶから高速道路が丁度良かったんだね。

      Posted by 匿名 at 2016/09/06 20:52 返信

    19. オラつきまくってて草

      Posted by 匿名 at 2016/09/06 21:16 返信

    20. タービュランスにやられてバタついてるじゃんw

      Posted by 匿名 at 2016/09/06 22:17 返信

    21. すごく合成映像っぽいんだが

      Posted by 匿名 at 2016/09/07 08:23 返信

    22. これは鳥がCGだろ…

      Posted by 匿名 at 2016/09/07 12:53 返信

    23. >>15
      完全にスリップに着くと揚力が無くなるからだろう。
      車の間だと乱流がすごくて飛び難そうだけど何かメリットがあるのかな?
      この日は横風が強いので車の間の方が飛び易かったとか。

      Posted by 匿名 at 2016/09/07 19:03 返信

    24. 鳩だよなあ。
      鳩がそんなに急いでどこへ行こうとしてるんだろう。
      遊んでるのかなあ。

      Posted by 匿名 at 2016/09/07 23:12 返信

    25. 伝書鳩レースの鳩?

      Posted by 匿名 at 2016/09/08 12:22 返信

    26. 前世バイク乗り

      心拍数いくつくらいなんだろ

      Posted by 匿名 at 2017/07/24 18:39 返信

    27. 飛行速度は時速100㎞くらいかな?
      鳩が持続的に出せる速度より高そう。
      後流や伴流に載って速度を得ているのだろう。
      ただし、カルマン渦も発生するから、それに巻き込まれそうになったら
      伴流の外に出て新たな車に付く。
      それに後続車が迫って来るから、どんどん前に行かなければならない。
      そうやって、車を次々に追い抜いて行く。
      それとも、他より速く飛びたいというレース鳩の習性かな?
      いずれにしろ、恐怖に打ち勝つ勇気と突発的な乱流を予測・回避出来る
      類まれな運動神経が無ければ出来ない。
      俺には不可能だな。
      完敗だ。
      拍手を送りたい。

      Posted by 匿名 at 2019/04/18 06:07 返信

    28. ※11
      鳩は後流と伴流の双方を利用して飛んでいる、という事を解説します。

      流れの中にある物体には後流と伴流が発生する。
      後流は物体後方に出来る速度が低い(動圧が小さい)流れで、負圧領域を形成する。従って、この中に入ると流体抵抗は小さくなる。スリップストリーム航法は
      これを利用しパワーロスを抑える航法。しかし、近づきすぎると吸い寄せられて航空機だと空中衝突を起す。また、周期的に発生するカルマン渦に巻き込まれて姿勢を崩し失速・墜落となるリスクも伴う。この鳩はそれを察知し、乱流が襲って来そうになったら後流領域から離脱し、側面に移動して伴流に載っている。

      ちなみに、空中給油の場合、後方の航空機が接近し過ぎると負圧が過大な領域に入り込んで、前方の給油機に吸い寄せられ空中衝突となる恐れがあるため、後方乱流の影響が小さく、かつ、負圧が高くない安定した領域に入り込まなければならない。航空機の速度と高度、および給油機のドローグやブームの長さは、そのような状況を考慮して決められていると思う。
       
      次に、伴流の話。
      伴流は物体周囲に発生する流れで、物体と同じ速度で移動する流れ。動圧は遠方場の流れよりも高い。これは、流体の粘性により発生する流れで、大きな船の周囲に浮遊物が集まり船と一緒に移動する現象から理解出来る。この伴流に載れば、パワーロス無く同じ速度で移動出来る。渡り鳥の群れや爆撃機の密集体形(コンバット・ボックス)はこれを利用してパワーセーブを図っている。しかし、これも周期的に発生する渦流(主に翼端渦流)の影響を受けるから、サイズが小さい飛行機や鳥が混じっていると、小さい方は大きな渦流に吹き飛ばされて失速・墜落する危険がある。
      この鳩も、車と同じ速度で流れる伴流に載ってパワーセーブ飛行を行っている。
       
      そうして、前方に車があれば、次はそれに載って行く。こうして、前へ前へと進み、最終的には一着となる。

       

      Posted by 匿名 at 2019/04/18 06:57 返信

    コメントを残す



    集計パーツ