FacebooktwitterRSS

モンハンクロスセーブデータ改造
改造コードリンク集
BABYMETAL
PPSSPP使い方
風立ちぬを見てきた


  • 「クソゲー」「ゆるキャラ」
    「マイブーム」

    数々の造語を生み出した
    みうらじゅんが登場!
    ドカント!
  • 情報屋さん。おかげさまで4億ヒット。ネットに転がる色々な情報紹介します
    Leawo Prof. Media
    news動画画像ゲーム情報やネタTOOLFLASHGoodsその他
    日替わりゲームキャラ

    任天堂を世界的企業に育てた経営哲学。任天堂の山内元社長を堪能できる動画


    19日午前に、肺炎のため亡くなられた、任天堂の山内元社長の動画を紹介。動画タイトルには 「任天堂の山内元社長(現相談役)を堪能できる動画」 と書かれています。「ファミコン」などで 「任天堂」を世界的なゲーム機メーカーに育て上げた方です。当時の任天堂のゲームに対する姿勢がよく分かる動画です。
    -山内 溥とは-
    山内 溥(やまうち ひろし、1927年11月7日 - 2013年9月19日)は、
    日本の実業家。出生名は山内 博(よみは同じ)。

    玩具メーカーの任天堂株式会社代表取締役社長(第3代、1949年 - 2002年)、
    同社取締役相談役(2002年 - 2005年)を経て、晩年まで同社の相談役を担った。
    任天堂を電子ゲームによって世界的な企業に押し上げた中興の祖として活躍した。

    -人物-
    山内時代の任天堂は情報公開が少なく、ファミコンカセットのロイヤリティ問題、
    ゲームボーイの投げ付け、リコーの話等マスコミが報じた憶測が事実として
    定着したものが数多く存在する。
    山内は大のマスコミ嫌いであり、訂正するタイミングを完全に逃したものと思われる。
    岩田が社長に就任して以降の任天堂はインターネットなどにより
    積極的に情報公開するようになっており、かつての定説が崩される事が増えている。

    「独特の経営哲学」で知られ、ワンマン経営者の典型として語られる事が多いが、
    宮本茂は「皆、社長の喜ぶ顔が見たくてやっている」と語り、
    出石武宏は「(開発第一部部長になって)いまは立場上社長と話せる場面が増えたわけです。
    好きですね。ますます好きですね。だってすこいですもん。(後略)」
    「社長が笑うた顔を見たいがためにみんなつくっている」と熱く語っているように
    カリスマ性にも優れ、幹部社員の殆どから厚い信頼を得ていた。

    独断的手法については評価が分かれる部分があるものの、
    「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」に代表される一連のテレビゲームや、
    任天堂では初の開発部長である横井軍平の発案による
    「ウルトラハンド」「ゲーム&ウオッチ」等の新規市場開拓型のヒット商品については、
    山内の決断により成功したことはよく知られている。
    横井とは犬猿の仲のように報じられがちだが、
    実質この2名と宮本茂の3名で現在の任天堂を創り上げたとも評される。

    Wikipediaより一部抜粋



    ▼独特の経営哲学。任天堂の山内元社長を堪能できる動画
    ※画像クリックでリンク先へ飛びます

    http://gamenetaz.livedoor.biz/archives/32406801.html

    この記事を読んだ人はちらの記事も読んでいます

    -
    Pocket


    笑ったら負け。Xの紅を
    ドラム演奏するゆるキャラ

    バイきんぐ小峠の
    パンクロッカー時代ww

    ラーメン屋の迷惑客が
    発狂する瞬間

    「日本人がヤバい」と
    海外で話題の画像


    ネコが飛び出して
    スクーターを転倒させる

    ミスト、セブン以上の
    胸糞映画教えて

    ダイナマイト・キッドの
    現在が切ない…

    実写にしか見えない
    女子高生のキス顔


         

    コメントを残す