FacebooktwitterRSS

モンハンクロスセーブデータ改造
改造コードリンク集
BABYMETAL
PPSSPP使い方
風立ちぬを見てきた


  • 「クソゲー」「ゆるキャラ」
    「マイブーム」

    数々の造語を生み出した
    みうらじゅんが登場!
    ドカント!
  • 情報屋さん。おかげさまで4億ヒット。ネットに転がる色々な情報紹介します
    Anytrans5
    news動画画像ゲーム情報やネタTOOLFLASHGoodsその他
    日替わりゲームキャラ

    斬新?画期的? この発想はなかった”手にはめる卓球ラケット”


    今までの卓球の形を変えてしまうかも知れない、一風変わった卓球ラケットの紹介。海外のデザイナーが考案した、従来の ”持つ” 卓球ラケットとは違い、手にはめてプレイする卓球ラケット。デザイナーの方が国際卓球連盟にアプローチしたところ、近い将来このラケット使った新たな卓球競技が生まれるかも知れない (野球とソフトボール的な違い?) と興味を示し好意的な意見をくれたそうです。実際に使用した結構使いやすいかもしれませんね。









    全くの余談ですが卓球やりたくなってきたw

    (Source) Brodmann Blades: Ping Pong Raketleri
    (公式サイト) Brodmann Blades

    この記事を読んだ人はちらの記事も読んでいます

    Comment (28)
    Pocket


    笑ったら負け。Xの紅を
    ドラム演奏するゆるキャラ

    バイきんぐ小峠の
    パンクロッカー時代ww

    ラーメン屋の迷惑客が
    発狂する瞬間

    「日本人がヤバい」と
    海外で話題の画像


    ネコが飛び出して
    スクーターを転倒させる

    ミスト、セブン以上の
    胸糞映画教えて

    ダイナマイト・キッドの
    現在が切ない…

    実写にしか見えない
    女子高生のキス顔


         

    28件のコメント

    1. ラケットが飛んで人に当たる前に回収をお勧めします。

      Posted by 匿名 at 2010/01/27 14:01

    2. 新時代到来!

      Posted by 匿名 at 2010/01/27 14:29

    3. マジレスすると、
      遠心力ないからスマッシュの威力落ちるよ

      Posted by 匿名 at 2010/01/27 14:36

    4. こっから更に発展してスタンダードな
      ものになる可能性もあるな・・・w

      Posted by   at 2010/01/27 14:46

    5. >>3
      リーチが短い分、打球の安定性は上がるんじゃね?
      それでも結局短くなったリーチの範囲が最終的には仇となるんだろうな。
      中~高校レベルのカットマンなんかには良いカモ

      Posted by 匿名 at 2010/01/27 15:33

    6. 事故とかで指を失った人用にもいいかもしれない
      ユニバーサルデザイン的な

      Posted by 匿名 at 2010/01/27 15:37

    7. この発想はあったよ

      Posted by 匿名 at 2010/01/28 02:11

    8. 昔あったでしょ

      Posted by 匿名 at 2010/01/28 14:13

    9. 卓球部ということだけで馬鹿にされた中学生活(一時間の間違い)。

      Posted by 匿名 at 2010/01/28 19:48

    10. 重そう

      Posted by 匿名 at 2010/01/29 03:15

    11. スリッパで卓球するとき持たずにハメてやったなぁ

      Posted by 匿名 at 2010/01/30 19:03

    12. >>1 
      構造見てから言えよカス

      Posted by 匿名 at 2010/01/31 02:04

    13. 俺は普通に素手で打ってたな

      Posted by 匿名 at 2010/01/31 13:51

    14. キレがなくなりそうだな・・・

      Posted by 匿名 at 2010/01/31 16:02

    15. 角度が手首の関節に制限されるとか
      色んな意味でダメだな

      Posted by 匿名 at 2010/01/31 17:24

    16. ①:板が2枚になって重くなり、スイングが遅くなる。
      ②:短くなったので、遠心力が効かなくなる。
      ③:チキータなど手首の関節を活かした技に支障が出る。
      ④:③に伴い、サーブの種類も限られてくる。
      マジレスするとこんなもんかな。

      Posted by 匿名 at 2010/01/31 19:29

    17. 体育の時は手に上靴はめて卓球やってた俺からすると斬新でも何でもない

      Posted by 匿名 at 2010/01/31 21:06

    18. 手首が自由に動かず,指が使えず終い。

      Posted by あ at 2010/01/31 22:10

    19. ハンドソウ(YASAKAだっけ?)がイレギュラーの限界だな
      スイングロボが出たとき内輪で爆笑してたけど、大会で使ってる奴いたのは驚いた
      スリッパ卓球って意外とやる人多いんだなw
      だがバドミントンラケットだけは使っちゃいかん、あれで打つスマッシュは凶器だ

      Posted by 匿名 at 2010/02/01 03:00

    20. 素人には丁度いいんじゃないか?
      皆が言うほど悪くないと思うよ
      サーブやスマッシュの雨嵐のようなリレーをしたい人は普通のラケットを使えば良いわけで。
      ベクトルが全然違う。

      Posted by 匿名 at 2010/02/02 10:06

    21. 裏粒のト・アヒョウ的前陣変化速攻を目指すならピッタリのラケットだな。
      もちろん球威は落ちるが、スマッシュとショートはかつてないほど安定する。
      いちど使ってみたい。

      Posted by 匿名 at 2010/02/02 20:07

    22. これって、普通の卓球ラケットと比較するから
      おかしな事になるんじゃない?
      『このラケットしか使わせない卓球』
      ってのが出て来たら、誰でも条件は同じだわな。
      まあ、このラケット専用の卓球ルールが
      できるかどうかまでは知らんが。
      所詮スポーツなんて、どれも最初は
      『誰かが考えたローカルルール』に過ぎなかったはず。
      広く普及できたから、正式競技になっただけの事。
      これもやっみて、面白ければ普及する可能性は有ると思う。

      Posted by わからん名無し at 2010/06/02 05:15

    23. >体育の時は手に上靴はめて卓球やってた俺からすると斬新でも何でもない
      スポーツは、『斬新かどうか?』じゃなくて、
      『やってみて、面白いかどうか?』だろうな。
      それが普及への鍵となる。
      ところで、『手に上靴はめて卓球』やってたら、
      体育教官に怒られなかったのか?
      我が高校の体育教官は超怖かったので、考えられん流れだ

      Posted by 匿名 at 2010/06/02 05:24

    24. 前陣なら使い勝手よさそうな気がするけど、
      ラケット2枚分の重さも気になる。
      ドライブ・カット主体だと回転力が不足するよね。
      このラケットに沿った戦法を開発せにゃならん。

      Posted by 匿名 at 2010/06/07 20:05

    25. 既にラージボールというのが登場し、軟式卓球が終わったのだから、
      卓球界に、これ専門競技の需要はないと思う。
      このままだと実用性も低そう。
      ピストル型のラケットの方が遥かに実用性では上。
      素人がやるなら、スリッパ卓球との差別化が図りにくい。
      そのためにこのラケットを買うか?
      スリッパ卓球の大会なら既に存在します。
      ラリーを楽しみたいならラージボールが存在します。

      Posted by 匿名 at 2010/10/26 21:18

    26. スナップきかせられないだろw

      Posted by 匿名 at 2010/11/21 11:31

    27. どう見ても初心者用だろカスども

      Posted by 匿名 at 2010/12/20 16:41

    28. 木の部分をカーボンにすれば重さは解決できるよ。

      Posted by 匿名 at 2016/06/10 05:02

    コメントを残す